· 

ストレスチェック有効化のカギは「受検者目線の最適化」です

 ストレスチェック義務化の際に構築された制度を、そのまま運用されていませんか?

厚生労働省や専門家が中心となり、ストレスチェック制度の検証や、これまで仮説とされてきた制度の目的において、エビデンスが取れつつある取り組みもあります。

 特に、指針や実施マニュアルで定められた各工程の内容や目的を再度確認し、法やガイドラインに沿いつつ、さらに良い方法へとアップデートしていくことは、ストレスチェック制度を形骸化させないための重要な取り組みのひとつです。

法令や指針、実施マニュアルで求められる施策は「最低限の内容」です

 ストレスチェック制度をより有効で有意義な取り組みとするためには、制度全体の「受検者目線の最適化」が必要となります。受検者目線で実施体制や実施方法、事後措置を再設計することで、事業者様、従業員様双方に意義のある取り組みへと改善、最適化していくことが可能です。

 また、外部委託により行政の動向やメンタルヘルス対策のトレンドをストレスチェック制度に盛り込むことで、年1回のストレスチェックを起点とした職場環境改善につなげることができます。

ここむ株式会社 メンタルヘルス事業部

TEL:06-6940-0560(代) 受付時間:平日10:00~17:00

資料・概算御見積書のご請求 お問い合わせ