ストレスチェック結果集計と評価方法

 当サービスのおける実施者確認では、ストレスチェック実施マニュアル(P.41)に示されている評価基準の例(その2・素点換算を用いた評価方法)をベースに各尺度の合計点を一覧化し、ご確認頂き易い様式でご提出しております。

 その1による評価方法・ご報告、弊社資格者による結果確認(実施者業務支援)、報告内容や報告フローのカスタマイズも承っております。

ストレスチェック外部委託のながれ

評価方法その2の特徴・メリット(素点換算)

評価方法「その2」は、下記のようなメリットがあります。

メリット1:全国平均値と比較しながら分析できる

ストレスチェック結果の集計段階で複雑なプログラムを用いることが必要な反面、受検者のストレス状況を尺度ごとに全国平均値と比較しながら分析することができます。

メリット2:個人のストレスチェック結果と集団分析との関係がわかりやすい

個人にフィードバックされるストレスチェック結果(個人結果表)と集団分析レポート(仕事のストレス判定図)との相関が確認し易いというメリットがあります。

高ストレス者の選定方法(ストレスチェック実施マニュアルより引用)

 高ストレス者を選定する場合は、下記「高ストレス者の選定方法」記載の、㋐および㋑の結果を総合的に勘案することが必要とされております(ストレスチェック制度関連Q&A〔平成27年9月30日版〕Q4-3記載)。実施者様にお送りするその他のストレスチェック結果と共に総合的にご確認を頂き、面接指導対象者は上記該当者で十分とご判断される場合、所定の方法でその旨を当社にお知らせいただきます。


評価方法「その2」を用いた際の高ストレス者選定基準

評価方法「その2」を用いた際の高ストレス者選定基準は、ストレスチェック実施マニュアルにて下記の様に例示されています。

なお、右記「合計点」は安全衛生委員会の調査審議により任意に定めてもよいとされていますが、当社は実施マニュアル例示基準を用いた高ストレス者と面接指導対象者の選定をお勧めしております。

【㋐基準】

「心身のストレス反応」(29 項目)の6尺度(活気、イライラ感、不安感、抑うつ感、疲労感、身体愁訴)について、素点換算表(P.37)により5 段階評価(ストレスの高い方が1 点、低い方が5点)に換算し、6尺度の合計点が12 点以下(平均点が2.00 点以下)である者を高ストレスとする。

【㋑基準】

  • 「仕事のストレス要因」(17 項目)の9尺度(仕事の量、仕事の質、身体的負担度等)
  • 「周囲のサポート」(9 項目)の3尺度(上司からのサポート、同僚からのサポート等)

上記の計12 尺度について、素点換算表(P.37)により5段階評価(ストレスの高い方が1 点、低い方が5点)に換算し、12 尺度の合計点が26点以下(平均点が2.17 点以下)であって、かつ、「心身のストレス反応」の6尺度の合計点が17 点以下(平均点が2.83 点以下)である者を高ストレスとする。


実施者様へストレスチェック結果報告書の提出

 ストレスチェック実施者様には、すべての受検者個人のストレスチェック結果、および高ストレス該当者を所定の見やすい様式によりご報告致します。実施者様には法令・指針に基づき、ストレスチェック結果のご確認、および高ストレス者の確認・面接指導要否判定をお願い致します。

 産業医様等の実施者様には、弊社ストレスチェック集計後、受検者ごとの結果を尺度ごとに示した当社オリジナルの「ストレスチェックレポート」と共に、高ストレス者は別途、リストとして一覧化した確認書をご提出しております。一覧性の高いレポートで、実施者様によるスムーズな確認をサポートします。

実施者様には、弊社より報告書に同封する専用返信封筒にて上記確認書を弊社宛てに送付頂きます

参考情報:職業性ストレス簡易調査票に関する

以下に「職業性ストレス簡易調査票」に関する参考情報を纏めております。ご参照ください。

お問い合わせ・ご相談