面接指導

ストレスチェック制度における医師による面接指導についてのQ&Aをご紹介しています。

Q.面接指導申出があった従業員のストレスチェック結果は事業者が把握できるとのことですが、誰にどこまでの情報を共有していいものなのでしょうか?

A.当該従業員様のプライバシーを保護し、面接指導の申し出や実施の事実による不利益な取り扱いが発生しないことが非常に重要です。しかしながら面接指導実施時は上長の許可なく離席することは現実的に難しいでしょうし、面接指導の結果、就業上の措置が必要と判断された場合は、一般的には事業者様独自の機構に沿って対応が進められると考えられます。当社では面接指導の申し出があった場合でも、当該従業員様が「高ストレス該当者であり、かつ面接指導の申し出があった」という事実のみを、実施事務従事者様、および人事部門責任者、当該従業員様の上長様のみに共有する等、情報の内容とその事実が知らされる方々を限定することをお奨めしております。

Q.産業医が精神科医ではありませんが、面接指導をお願いしても良いのでしょうか?

A.ストレスチェック制度における面接指導は、精神疾患の診断や治療を行うものではありませんので、必ずしも精神科医や心療内科医が実施する必要はないとされております。万が一、専門医による受診が妥当と判断された場合は専門医への受診を奨めたり、医師によっては連携されている専門の医療機関紹介を行われるといったケースが一般的です。

Q.私は実施事務従事者を担当していますが、面接指導対象者から、面接指導は受けたいが会社に結果の提供はしたくないとの要望がありましたが、どのような対応が妥当なのでしょうか?

A.面接指導該当者様は、事業者様への結果提供に同意されない限り、ストレスチェック制度に係る面接指導をお受け頂くことはできません。この場合、産業医様による一般的な健康相談としてお取り扱い頂くことが考えられます。

Q.産業医に面接指導を担当して頂く予定ですが、産業医とのスケジュール調整がうまくいきません。

A.面接指導の申し出があった場合、遅滞なく(概ね1カ月以内)行わなければならないと定められています。ストレスチェック制度の検討段階で、予め事業者様と産業医様間でスケジュール調整を十分に頂くといった必要があります。

Q.当社では今回のストレスチェックに産業医は関与しないことになりました。面接指導のみ外部の医師への委託を検討していますが、面接指導対象者の結果の運用について教えて下さい。

A.実施者となられない医師が面接指導をご担当されるケースは、面接指導を申し出た高ストレス者個人のストレスチェック結果のみをご覧頂くことができます(それ以外の個人のストレスチェック結果は同意がない限り、ご覧頂くことはできません)。なお、当サービスでは、ストレスチェック結果のデータを実施事務従事者様宛に納品致しますので、面接指導の申し出をされた方のデータのみ抜粋頂き、面接指導担当医様への共有をお願いしております。また、産業医様は関与されないケースにおきましても、ストレスチェック制度終了後にに労働基準監督署へ提出する「心理的な負担の程度を把握するための検査結果報告書」には、事業場の産業医様の署名・捺印が必須となりますので、産業医様には予めご認識頂きますよう、お願い申し上げます。

Q.産業医面談の日時が限定されてしまうため、面談指導は、産業医ではなく、共同実施者の保健師でも可能でしょうか?

A.面接指導を実施できる資格者は医師のみと定められています。ただし、共同実施者となられる保健師様や精神保健福祉士様が、産業医面談が必要かどうかの見極めとして補足的に面談をされることは指針でも認められております。補足面談を経て、ストレスチェック制度に係る面接指導が必要と判断された場合は、産業医等医師による対応が必要です。