ストレスチェック規程の検討

ストレスチェック規程についてのQ&Aをご紹介しています。

Q.規程は労働基準監督署へ提出しないといけませんか?

A.ストレスチェック制度については文書化することが求められていますが、就業規則に該当するものではないため労働基準監督署への届出は必要ありません。ただし、従業員様が安心してストレスチェックを受けられる様、ストレスチェック制度を法令や指針、実施マニュアルに沿った内容で自社の制度を文書化し、それらを事前に従業員様に周知することは、ストレスチェックを有意義な取り組みとする為にも不可欠といえます。

Q.ストレスチェック規程を作成するにあたり、参考になるような資料はありますか?

A.厚生労働省より平成27年9月30日に公開された「ストレスチェック制度に関する社内規程例」を元に、厚生労働省版規程例のWord版資料、および当社サービス内容・仕様に規程内容を合致させたサービス版の2種類の参考資料をご用意しております。サービス版規程例は、サービス資料と共にご案内しておりますので、ご利用のお客様は資料請求をお願い致します。

Q.シンプルな規程にしたいのですが、規程から削除してもいい条文はありますか?

A.当社では条文の削除はお勧めしておりません。一例を挙げますと、安全衛生委員会による調査審議の結果、同意の有無の取得をされないとして規程から削除されてしまいますと、ストレスチェック実施中、実施者の意向により急遽、同意取得を実施したいといった判断がされた場合などにご対応頂くことができません。以上の点から、あらゆるケースを想定した掲載方法をご検討願います。

Q.当社で作成した規程を確認して頂くことは可能ですか?

A.ご作成されたストレスチェック規程等につきまして、内容が当サービスの仕様・内容に相違がないかという観点から、コンサルタントが確認させて頂くことは可能です(内容に関する保証や責任は当協会では一切負いかねますことをご了承くださいませ)。

Q.ストレスチェック規程に関する参考資料はありませんか?

A.厚生労働省より公開されたストレスチェック制度規程例を元に、ご検討に当たって参考となるアドバイスを追加した資料を公開しております。Word版でご提供しておりますので自由に編集も可能です。(内容に関する保証や責任は当協会では一切負いかねますことをご了承くださいませ)。
※参考リンク:ストレスチェック制度規程(Word版)