実施者業務サポート・面接指導

当社資格者が実施者となる際のながれや、面接指導に関するQ&Aをご紹介しています。

Q.実施者業務サポートについて教えてください。

A.産業医様がご多忙といった場合や、医療機関様で院長様(人事権保有者様)が産業医となられておられるケースでは、当社所属の資格者が実施者として、個人のストレスチェック結果の確認、高ストレス者確認、および面接指導要否判定を承ることが可能です(産業医様が面接指導のみ担当される場合においても、受検者のストレスチェック結果をすべて確認頂ける様、共同実施者となられることをお奨めしております)。また、当社提携機関による産業医資格保有医師による面接指導のご提供も可能です(出張対応はできかねます)。詳細はサービス資料(仕様書)をご覧ください。

Q.貴社へ実施者業務も含めてお願いするつもりですが、当社の産業医の位置づけはどうなりますか?

A.産業医様が実施者(共同実施者)となられない場合は、従業員様の同意が無い限り、ストレスチェック結果をご覧頂くことができません。また、面接指導にも携わらないといった場合、産業医様が把握できる情報は皆無である為、ストレスチェック制度終了後の産業医業務に支障が出る可能性もあります。当社では少なくとも、産業医様には共同実施者として関与を頂き、安全衛生委員会における意見や、実施後の職場のストレス傾向の把握をお願いしております。

Q. 面接指導の委託は可能でしょうか。

A.弊会では面接指導部分につきましては、ストレスチェックの意義からも、職場のことをよく把握されておられるご選任の産業医様に実施頂くことをお奨めしており、原則的には面接指導に関するサポート・フォローはご提供しておりません。しかしながら現実的に産業医様が面接指導をご担当頂けないご事情がある場合に限り、当社連携の医療機関にて、産業医資格保有の医師による面接指導をご提供しております。詳しくはサービス資料(仕様書)をご覧ください。
※参考リンク:JSRAストレスチェック業務支援サービス資料請求フォーム

Q.面接指導は当社産業医が行いますが、実施者は貴社に依頼する予定です。費用を教えてください。

A.別途、概算御見積書にてお知らせさせて頂きますので、下記URLにアクセス頂き、受検者数等の情報をご入力の上、送信をお願い申し上げます。

Q.実施者、または保存担当者(実施事務従事者)が保管する「ストレスチェック結果」はどのようなものですか?

A.ストレスチェック結果の元データとなります「職業性ストレス簡易調査票プログラム(Excel・Wordデータ)」、および受検者様のストレスチェック結果の素点換算結果を一覧化させた「ストレスチェックレポート(紙面、およびデータ)」が保存対象物となります。なお、上記に加えまして、面接指導対象者からの申出書、面接指導実施後の意見書等が法令により保存が求められますが、通常、1回のストレスチェック制度でクリアファイル1枚程度に収まる分量となりますので、指針等により保存場所やセキュリティ対策が施されていれば、大規模なキャビネット等は必要ございません。